意外と難易度高め?商業施設士の資格とは?

資格ができた経緯と概要
昭和40年代の高度成長期以降、デパート火災が相次いだことなどを受けて、商業施設での専門的な技術者に対するニーズが高まりました。こうした中で、1975年4月に 関係10団体が全国商業施設関係団体連合会を発足させ、商業施設士の制度が創立されました。その後、2000年には商業施設士補の制度が、2007年には上位にあたるマイスター・シニア制度が創設され、現在に至っています。試験については、社団法人商業施設技術者・団体連合会が実施・認定を行っています。試験では、店舗づくりや街づくりに必要とされる専門知識・技術を問い、技術と知識が認められた場合にプロの専門家として「商業施設士」の称号を付与しています。
商業施設士の業務の内容として、商業施設の運営管理システムをはじめ、店舗の構成やデザインの企画・管理などがあげられます。地域のライフスタイルの変化に応じて、再開発や業態の転換、リニューアルなど臨機応変な対応を行い、街づくりの専門家としての活躍が期待される資格です。資格を取得することで、支部組織への入会資格が得られ、人的ネットワークが広がります。また、商業施設に関わる情報提供や研修・講習会などの支援も受けられます。
資格試験の内容について
商業施設士の試験には、学科試験と構想表現(実技)試験があります。学科試験は、満20歳以上であれば、どなたでも受験することができます。構想表現(実技)試験の受験については、「学歴と実務」、「資格」、「実務のみ」でそれぞれ条件が異なります。例えば、「資格」で1級建築士や2級建築士、インテリアプランナーなどがある場合には、実務経験がなくても受験することができ、学科試験のうち、選択問題の一部の科目が免除されますので確認しておくとよいでしょう。また、「実務のみ」の場合には、5年以上の実務経験が必要となります。ここでの実務経験としては、設計事務所やデザイン事務所のほか、デパートやスーパーマーケットなどで、展示や陳列、装飾やデザイン、店舗監理などを行った経験のほか、商工会議所や商工会での経営指導などもあげられています。受験手数料は、学科試験のみの場合、12,960円、 学科試験と構想表現(実技)試験 の場合 21,600円、構想表現(実技)試験のみでは、12,960円となっています。試験は毎年、年に2回、6月と1月に実施されています。試験が実施されるのは、東京・名古屋・大阪の3会場です。
商業施設士試験の概要について
"試験のうち、学科試験については、共通問題と選択問題があり、マークシート方式の設問に解答します。試験時間については共通問題・選択問題それぞれが60分間となっています。選択問題については、「生活と商業」、「企画と計画」、「施設と設計」、「監理と施工」のうち、2教科の選択となります。
共通問題は、基本教書の「商業施設・創造とデザイン」、新聞などに掲載された商業施設および商業施設技術に関わる時事などから出題されます。 選択問題については、基本教書や過去問をリニューアルしたものが主となります。
また、構想表現(実技)試験については、図案表現(設計製図方式)と文章表現(論文方式) のいずれかを選択することとなっており、試験時間は180分間とされています。構想表現(実技)試験の課題については、図案表現・文章表現ともに試験日の約1カ月前に発表されます。図案表現では、「平面図」、「イメージパース」、「主旨(コンセプト)」などに解答します。また、文章表現では、「論文」「、事業計画」、「店舗ゾーニング」などを行います。
社団法人商業施設技術者・団体連合会のホームページでは、最近の過去問を公開しています。

  • 最終更新:2016-05-12 19:55:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード